国家試験

国家試験の概要

臨床工学技士になるためには臨床工学技士国家試験に合格し、厚生労働省の免許を受ける必要があります。
この国家試験は、例年、養成校を卒業する年の3月に実施されています。

試験日 3月上旬の日曜日
試験時間 午前:9:30〜12:00
午後:13:30〜16:00
試験場所 北海道、東京都、大阪府、福岡県
受験資格 文部科学大臣が指定した学校又は厚生労働大臣が指定した臨床工学技士養成所において、3年以上臨床工学技士として必要な知識及び技能を修得した者 など
受験手続き 公益財団法人医療機器センターに受験案内を請求し、定められた期間(12月中旬~1月上旬)に受験に関する書類を医療機器センターに提出
合格発表 3月下旬に、厚生労働省または公益財団法人医療機器センターのホームページにおいて発表
受験料 30,800円

※この情報は平成27年のものです。
国家試験の最新・詳細情報は公益財団法人医療機器センターにてご確認ください。

国家試験の合格率

JP101_72A

第31回(平成30年実施)の試験結果は下記の通りでした。

受験者数 2,737名
合格者数 2,017名
合格率 73.7%

 

ここ数年における臨床工学技士国家試験の合格率は、およそ80%前後を推移しています。
きちんと勉強をすれば十分に合格は目指せます。臨床工学技士を目指して、がんばりましょう!